気候変動とカツオのたたき

COP25 のおかげでネットではまたトゥーンベリさんを誹謗中傷する冷笑屋どもをよくみるようになりました。主観的には「冷静」で「現実的」なつもりでいるのでしょうが、実際には気候変動という「現実」に向き合うことが出来ず、異議申し立てを行う少女への「苛立ち」を抑えることができないわけです。

何年か前に百貨店の食料品売場でソウダカツオのたたきを売っているのを見かけました。水産資源の危機については人並み以上には知っているつもりでしたが、改めてショックを受けたのを覚えています。ソウダカツオを代替品にしなければならないほどホンガツオの資源量が減っているということなのでしょう。

さてカツオについては先日このような報道がありました。

-朝日新聞DIGITAL 2019年12月2日 「カツオのアニサキス食中毒 「異変」は海で起きていた

昨年報告された食中毒の中で、カツオのアニサキス中毒事例が非常に多かった、その現員についての記事です。

 ではなぜアニサキス寄生が多かったのか。どうやら海の異変が関連していると考えられています。

 漁業関係者への聞き取り調査によると、昨年4月は例年と違って、伊豆諸島の三宅島周辺にカツオの大きな漁場ができており、そこで取ったカツオが全国に流通しました。例年よりも脂ののりが良く、胃の中にはオキアミが大量に入っていたといいます。

 2017年9月以降、黒潮の大蛇行が観察されており、この影響で18年は伊豆諸島周辺の海水温が下がらず、カツオは17年から18年にかけてここで越冬、あるいは18年の2、3月の早い段階で黒潮にのって北上、三宅島周辺で長期間とどまっていた。この間にアニサキスが寄生しているオキアミや、オキアミをエサにするカタクチイワシを長期間食べたため、多くのアニサキスがカツオの内臓に入り込んで、さらに身にも移った――報告書はこうした可能性を指摘しました。

 気候変動に伴う海水温の変化が海に与えるダメージについては、次のような記事もありました。

-BBC NEWS, 7 December 2019, "Climate change: Oceans running out of oxygen as temperatures rise"

海水温が上昇したため、海水中の酸素が 2% 減少した、という研究についての記事です。トゥーンベリさんに向ける哄笑のひとつひとつが魚たちを窒息させようとしているのです。

 

 

さらっと恐ろしいことが……

-Yahoo!ニュース 2019年12月2日 「刑法の性犯罪に関する規定、さらなる見直しが必要か

強制性交等罪など性犯罪に関する構成要件をさらに見直すべきかどうかについては今回は触れません。ここでとりあげたいのは見直し慎重派の宮田桂子弁護士の発言中にあった一節です。

2017年の刑法改正にあたり、私は法制審議会刑事法部会で委員を務めましたが、この改正自体、必要なかったと考えています。強姦罪から強制性交等罪へ変わったとき、法定刑の下限が懲役3年から5年に引き上げられました(準強制性交等罪も同じ)。これによって、判決に執行猶予が付けるのが困難になりました。

刑の下限が5年だと、酌量できる事情がないと執行猶予がつけられません。酌量の余地のある殺人はありますが、性犯罪ではまず考えられません。裁判官が無罪判決を出すのは勇気がいります。以前なら執行猶予でお茶を濁せました。改正後の無罪判決には、法定刑の下限引き上げが影響しているとも考えられます。

(下線は引用者)

 私はかねがね、日本社会では自由の価値が過小評価されているがゆえに自由刑の重みも過小評価されていると考えているので、性犯罪についても(有罪の場合の)厳罰化よりはより幅広く刑事事件化できるようにすることをまず考えるべきだと思います。その限りで法定刑の下限を引き上げたことへの異論には耳を傾けるべきだとは思います。

しかし「以前なら執行猶予でお茶を濁せました」というのはそれとはまったく別の話です。ここで宮田弁護士が示唆しているのは、有罪の確信を持てない(=合理的な疑いを越えた有罪の立証があったとは確信できない)裁判官が、他方で無罪判決を出す勇気も持てないために、執行猶予付き有罪判決を出すケースがあった、ということです。

いうまでもなく執行猶予という制度は、裁判官の怯懦に対するバックアップではありません。本人は三方丸く収めたつもりかもしれませんが、実刑判決を望む被害者にとっても、無罪判決を望む被告人にとっても、そして正義にとっても不本意な結果であるはずです。執行猶予が「推定有罪」裁判の救済策として機能してしまうような事態は、性犯罪に関する刑法の規定をめぐる議論とはまた別の水準で、議論の対象とされねばならないはずです。

裁判所が虚偽自白の可能性を認定

f:id:apesnotmonkeys:20081226100523j:plain

木曜日

-日経新聞 2019年11月26日 覚醒剤使用、女性に無罪 高裁「虚偽自白の可能性」

判決理由で岩倉裁判長は、一審の弁護人に言われた虚偽の内容を書き留めて覚えた上で、自白をしたとする被告の公判供述を検討。自白に沿う内容とともに「覚える」と書かれていたノートが存在することなどから、公判供述の信用性は否定できず、自白が虚偽である合理的疑いが拭えないと判断した。

 記事が簡潔なので詳細は不明ですが、もし一審では最後まで自白を維持したのだとすると、弁護人が被告人の無実を信じないまま弁護にあたったということなのかもしれず、一審の弁護人の対応にも疑問が残ります。とはいえ、根本的な問題はやはりこれでしょう。

 

 

大崎事件、第4次再審請求へ

f:id:apesnotmonkeys:20081226100336j:plain

金曜日

-朝日新聞DIGITAL 2019年11月21日 「大崎事件、年度内に第4次再審請求へ 弁護団が会見

記事から判断するかぎり、原口アヤ子さんの健康状態を考慮してとにかく一刻も早く再審請求を行うことを第一に考えた選択のようです。見つかるかどうかわからない有力な新証拠を、腰を据えて探す時間はない。とにかく「新」証拠と言えるものを……と。それでも地裁が最高裁の決定の不当性を汲んで再審開始の決定を出してくれることはあるような気がしますが(なにしろ地裁、高裁までは前回の請求内容で最新開始の決定を下しているのですし)、そこからまた検察が抗告するのかと想像しただけで怒りがこみ上げてきます。

 

ローマ教皇、袴田さんを招待?

f:id:apesnotmonkeys:20081226100523j:plain

木曜日

-読売新聞 2019年11月16日 「ローマ法王のミサ、袴田元被告を招待…死刑廃止訴える狙い

終末に来日するローマ教皇フランシスコ一世袴田巌さんをミサに招待していることをバチカンの報道官が明らかにした、というニュースです。カトリック教徒になった袴田さんの獄中書簡が新教出版社より刊行されています。

主よ、いつまでですか|新教出版社

趙誠峰弁護士インタビュー

f:id:apesnotmonkeys:20081226100433j:plain

水曜日

自分自身も冤罪被害者である弁護士を主人公にしたドラマシリーズ『プルーブン・イノセント 冤罪弁護士』のキャンペーン記事で、趙誠峰弁護士がインタビューを受けていました。

-THE RIVER 2019年10月31日 「冤罪はなぜ起こる、弁護士に訊いた無実の闘い ─ 法廷ドラマ「プルーブン・イノセント 冤罪弁護士」特集」

内容は基本通り、「有罪という予断」「調書裁判」「検察による証拠の独占」「不十分な可視化」などに触れたもの。

気になったのは、この記事でも「冤罪か否かが問われるケースとして話題に挙がりやすいのが痴漢事件だろう」として「痴漢冤罪」がモデルとして提示されている点だ。

もちろん「話題に挙がりやすい」ということ自体は、よくも悪くも事実であろう。また後述するような理由で、虚偽自白を伴う冤罪が「痴漢」という犯罪類型において生じていることもたしかだろう。しかし被疑者・被告人の権利という視点からではなく犠牲者非難的な動機で「冤罪」が取り沙汰されるのが「痴漢」でもある。読者の理解を促すために「痴漢冤罪」が繰り返し用いられるという状況は好ましくないのではないだろうか。趙弁護士の最近の受任事件に芸能人を被告人とする強制性交等罪事件があるので、なおさらだ。

この記事を読んでブログで取り上げることを考えている間に、次のようなツイートが目に入った。

 司法関係者がこのように「痴漢」を些末な事件と考えていることが、「痴漢冤罪」を生む大きな要因になっているのではないだろうか。軽い事件だと考えるからこそ地道な捜査の代わりに「さっさと自白とって終わらそう」という意識になりやすく、また「素直に認めれば不起訴になるから」といった“利益誘導”も起こりやすくなる。もしこの推測が正しいなら、「痴漢は重大な犯罪だ」という意識を司法関係者がもつようになることが、冤罪防止の観点からも求められる、ということになるだろう。

 

サクラエビ漁の自主規制、効果は?

f:id:apesnotmonkeys:20081226100433j:plain

水曜日

-THE SANKEI NEWS 2019年11月16日 【深層リポート】駿河湾だけのサクラエビが大不漁 加工業者4割が廃業検討の衝撃

めずらしく「お財布」や「食卓」の心配だけではない記事です。駿河湾だけで漁が行われているという特殊事情も、自主規制が可能になった要因なのかもしれません。また、「産卵量が増えて、よかったね」で終わりにせず、研究者の次のような指摘を紹介しています。

 では来年の春漁は従来通りできるかといえば、そうは簡単にいかない。東海大海洋学部元教授の鈴木伸洋氏=同大非常勤講師=は「来春が非常に重要。そこで(大量に)とってしまえば元に戻ってしまう」と警笛を鳴らす。サクラエビの産卵は春漁末期の5月下旬から約半年。産卵前のエビを捕獲することになる春漁は「早期に打ち切るべきだ」と指摘する。

あらゆる漁業資源についてこういう姿勢での報道がなされることを期待したいです。